http://www.st-architect.com
Sundial house【現場-ガラス設置】
あいにくの天気です。この敷地は高台にあるため、軽井沢特有の霧に巻かれる事が少ないため軽井沢の中では湿気が溜まり難い場所です。軽井沢駅の南側や旧軽井沢の方は霧が滞留しやすく、湿気を嫌がる建物にとっては大変厳しい環境です。 ただこの幻想的な風景が軽井沢の魅力に違いはないと思います。リビングにはガラスがはめ込まれ、段々と部屋の雰囲気が出てきました。このガラスは断熱性を高めるためペアガラス(2重ガラス)を使用しています。通常のガラスよりも重量が重いため、一番大きなガラスは300kgの重さでした。


13.ガラス設置-1.JPG
fig1:霧に佇む建物


13.ガラス設置-2.JPG
fig2:天井の下地材ができました。


13.ガラス設置-3.JPG
fig3:300kgのペアガラス

住宅(新築) comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.st-architect.com/trackback/76
<< NEW | TOP | OLD>>