http://www.st-architect.com
名刺のデザイン
最近名刺をデザインしました。

HPを作成してくれたノガンさんと「あーでもない。
こーでもない」とディスカッションしながら作り上
げた名刺です。せっかく作るのだから「今までにない
名刺」がいいね!という事で名刺の体裁(ルール)を
保った上で

「従来の名刺では解決できない問題を解決する」

事を目指しました。


2.jpg

名刺を貰った後に社内などで「○○さんに連絡
取って」と頂いた名刺を他の人に渡す機会ない
でしょうか?

その時コピー機がなくて、折角頂いた名刺を
他の人に渡してでも戻ってこなく自分が連絡を
取りたいときに困る・・・


3.jpg


この名刺は表と裏のデザインは青と白で反転して
いますが、基本的には同じ文字情報が書いてあります。
そして表と裏は右下の切れ込み部分から

「剥がせる仕組み」になっています。

つまり「1枚の名刺が2枚の名刺」に分裂する。

こだわりは・・・
1枚が2枚に分かれても名刺と同じサイズ。
紙の厚みも名刺の厚みとして違和感がない。
そして丸まらない紙質の選択です。


1.jpg



名刺という既成のルールとあるべき姿を保ちつつ
今までにない柔軟な発想で新しい価値を作り出す
という点、最近実践している建築の作り方と同じ
で楽しんで作れました。

ちなみに従来の名刺業者では作成できず
「あたりくじ」の業者で名刺を作成しています。

お渡しした人からは「あたり、はずれ」が書いて
あったり、何かミニ情報があると良いね!という
言葉を頂きますが、そのように

「物を媒介としたコミュニケーション」

までデザインによって昇華しているのが
今回最も良かった点かと思います。

デザイン協力:ノガン
HP:http://nogan.jp/


 
いま考えている事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.st-architect.com/trackback/174
<< NEW | TOP | OLD>>