http://www.st-architect.com
1%
最近ある業種のインテリアの設計をしています。いままで建築家の人がデザインした事ってあまり無いんじゃないかな?っと思います。コマーシャルな部分が重要な業種であるので、デザインなんて見向きもされないのが常識だったと思いますが、結構良いものが出来そうです。箱根プリンスを設計した建築家の村野藤吾の「99%施主、1%建築家」の一言じゃないですが、要望の奥底へ分け入ると、わずかにデザインにつながる道があるのを発見している。そのさりげないデザインが店舗の魅力アップやコマーシャルな部分につながる。そんな仕事をしている気がします。
いま考えている事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.st-architect.com/trackback/153
<< NEW | TOP | OLD>>