http://www.st-architect.com
「塗装と光」トークセッション
先日青山のルミナベッラ東京ショールームにてルミナベッラとポーターズペイントの共同企画である「塗装と光」というテーマのトークセッションに参加させて頂きました。インテリア雑誌コンフォルト編集長の多田さんと塗装と光に関して自分なりのテーマをお話しするという趣旨で、当日は「数値化では生まれない価値の創出」という話をさせて頂きました。震災以後、建築を取り巻く状況は大きく変化しています。太陽光など自然エネルギーに対する関心が高まっており、今後益々「いかに数値的に優れている」=「建物の価値」に直結する状況が進むと思われます。建築家、インテリアデザイナーなど建物に携わる人が、いままで以上に「数値化できないが豊かになる物」を真摯に考えていかなければ、いよいよ数値化・合理化・効率化の波に建築が飲み込まれてしまう・・・そのように危機感を最近非常に感じております。そのような事を改めて考える、とても有意義な機会でした。

DSC1002.jpg
fig.1 会場の風景


DSC1019.jpg
fig.2 緊張してます。


DSC1045.jpg
fig.3 会場となったルミナベッラショールーム


DSC1089.jpg 
fig.4 当日はポーターズペイントの実演がありました。

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>