http://www.st-architect.com
何のために木を使うの?

ちょっと言いにくい事も書きます。製材屋さんや林業関係のNPO団体が近くにいるので「建築界では林業に関してこんな記事が出てますよ」と見せると、大抵は全然違うと言われます。はっきり言って何があっているのか分からないのが正直な印象です。ただ先日皆伐された某山の土砂崩れの映像を見たとき衝撃でした。土砂崩れの上の方から今まさに足元が崩れていくのを映像に収めた、、、のも凄いですが。ちなみに、、、なぜ土砂崩れが起こるのか?山を削って大きな道を作らないといけない。なぜ大きな道なの?大きな道にしないと大きな機械が山に入らない。なぜ大きな機械?大きな機械を使って大規模に伐採してほしいと要請があるし、大規模に伐採すれば補助金が多くもらえる。なんで補助金を払ってまで木を切るの?公共建築に木を使うのを勧めているし、もっと木を使う事を日本の雇用を考える求められているから。建築に大々的に木を使うことは、ある意味で水戸黄門の印籠みたいになっていて「木を使う=素晴らしい」となっていて、使っている建築家は「私は地球環境に貢献している」と思っているけど、皮肉なのは地球環境に配慮している建築家が山を壊している事実。しかもそれを知らないし、知らされていないからある意味で建築家も被害者の1人かもしれないけど。もっと山や山林所有者の事情、取り巻く環境を建築界は知らないとマズイんじゃないかと改めて思った一日でした。


あと今日の講演でなるほどと思ったのは、昨今の中規模建築への木材利活用やCLT推進は1950年代の鉄筋コンクリートのプレキャスト化の流れと同じという心配。技術ばかりが推進されてお金のかかる技術になっていると言う事。高度成長期の労務費高騰と住宅難からプレキャストが推進されたけど、その後のオイルショックによる社会情勢変化で労務費が下落し、結局場所打ちコンクリートになったというのを聞くと、、、たしかに。

いま考えている事 comments(0) trackbacks(0)
動画撮影

社内には子育て中で働いている女性がいます。保育園のお迎えもあるので夕方5時に退社、土日は休みという勤務スタイルです。本人としてはもっと仕事をしたいのです、子供が寝てからとか、子供が起きる前とか、電車の移動中に仕事をしてますが、どうしても時間は捻出できないし…というジレンマを抱えています。土日休みや平日5時までで終わる内勤をしてもらうという選択肢は、なかなかオールラウンドプレイヤーだけで構成する小規模なデザイン事務所では難しいし、本人のやりたくない事につながるのでモチベーションの低下につながります。そこで試験的ですが、打ち合わせなどで動画撮影をしていくことにしました。打ち合わせ議事録など割と事細かに作成していますが、どうしてもニュアンスは伝わりきらないし、かと言って土日に子供を預けて打ち合わせに参加は無理という中での解決策です。僕らの事務所では数人で1つのプロジェクトに携わっているので、打ち合わせに参加できない人でも内容を正確に(結構話している内容の雰囲気が大事だったりするので)把握できるのは、最終的にクライアントの建物に良い影響与えると思います。ということでiPhone8以前を使っている社員にはiPhoneXを支給して通勤時間に動画確認が出来るように通信料を会社負担にすることにしました。これからは働きやすさとクオリティの維持が重要になりそうですね。ご協力よろしくお願いします。

いま考えている事 comments(0) trackbacks(0)
充実した時間

最近事務所では積極的に業務効率化を行っています。最大の目的は長時間労働を減らしメンバーの人生を充実させること。あとクリエイティブな事を考え、つくる時間を生み出すために、ムダでルーティンなものを見直す事をしています。以前勤めていたオンデザインでは年に1度、自分たちでは絶対に泊まらないような宿泊費がかかる宿に社員旅行で宿泊し、スケール感、雰囲気、サービスなどを体感していましたが、そのような体験が仕事にきっと出てきます。最近メンバーの充実をどう実現できるかよく考えます。

いま考えている事 comments(0) trackbacks(0)
なんか似ている

先日山手線を乗っていて中吊広告をふと見たら。。。なんか自分がデザインに携わった物に似ている広告が。以前とある企業のプロダクトにデザイン協力をしていたのですが、その製品を他社が真似して作ったものでした。協力していた会社は業界のトップランナーとして、他の会社が出来ない事を次々と時間と手間を掛けて生み出しているのに(もちろん僕らのようなデザイナーにデザイン料を支払って)真似されるんですよと困っていたのを思い出しました。でもそのデザインには必要不可欠な要素が反映されておらず、著作権に引っ掛からないためでしょうけど、そのデザインを活かしきれていないなと。自分も10年近く前にデザイン提案をしたプランを大手某不動産に無償で譲渡を迫られ(著作権の人格権も放棄)特許出されたりしたこともあったけど、、、その時の担当者は「何か将来仕事お渡し出来ると思いますので」と言っていた事を久しぶりに思い出してしまいました。

今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
建築家のイメージ

クライアントさんから「年齢が近いので言いにくい事も歳が近いから言いやすくて助かります」と言われました。年齢によって価値観の違いもあるし確かにですね。でも歳が近くてもきっと言いにくい建築家もいるし、歳が離れていても言いやすい建築家もいるなって思いました。建築家って何か気難しくて、自分の意見を曲げなくて、言うこともなかなか聞いてくれない…ってイメージはまだまだありますね。昔の巨匠で村野藤吾さんという建築家は99%は施主の要望で自分の意図と異なる方向になっても、どんなプロジェクトでも1%の可能性がありそこにデザインをするべき…という趣旨の事を言っていたのを考えると、「建築家=言うことを聞かない人」という事でもなかった気がします。きっといつの時代からか自分を孤高のアーティストとして位置づけないと市場的価値を見出せないとなったのだろうと思います。最近の社会的問題解決型の建築デザインに対して、つまんないと言う建築家やその影響を受けた学生の発言を見ていると、まだまだ誤解され続けると思いました。

今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
社名の由来

社名を変更して1年が過ぎました。最近でも久しぶりのお会いする方々に「なんで社名変更したの?」って聞かれますが、お会いした人しか説明出来てないので書こうと思います。以前は自分の「鹿内」という名前を冠した社名で、これはこれで変わった名前なので覚えて頂く事が多かったのですが、その10年の積み重ねを無くしても会社としての方向性がはっきりしたので、えい!っと変えました(でも設計コンペとかは旧社名で受賞しているので正直悩みましたけどね・・・)IDEOというデザインコンサルティングファーム(深澤直人さんが所属していた)がありまして非常に共感しているのですがIDEOはデザイナーだけでなく、イラストレーター、社会学者、人類学者、統計学者etcなど様々な分野の人が協同してデザインを通じて社会を良くするものを生み出しています。オンデザイン時代の六本木農園や鹿内健建築事務所時代の設計コンペもそうですが、他分野の人とディスカッションして生まれる楽しさをしっている者として、個人名を冠した会社名でない方が多様な人がフラットに恊働できる会社になるのでは?と思いまして社名変更に踏み切りました。SデザインのSは鹿内のSもありますが、他のSの由来もありまして興味がある方は名刺もらった時に剥がし確認してみてください。

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

 

今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
共感

お世話になっているR不動産の担当者と2階のシェアオフィスに関して打ち合わせ。もともとはトイレだった部屋は、隣家の素晴らしい庭に面しており、これは費用はかかるけどトイレを移設して部屋にして借景を楽しんだ方が良いと思って設計したのですが「ここが一番良い部屋!」と言ってもらって一安心。募集の掲載もOKなようです。これからは家もオフィスも余るし駅近とか間取りとかでなく良いと思う事に共感してもらえる事が不動産にも大切なのでは?と思いました。でもこんな眺めの部屋本当は自分で使いたいな。

 

 

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
木について

久しぶりにブログ更新。松濤に事務所を移転して1年弱。事務所の2階が空きスペースとなった事でひょんな事からSデザインファームでシェアオフィスをやる事になりました(地の利の良いし、環境もいい場所なので大家さんにシェアオフィスやってみたら?と提案したら鹿内さん達がやったら?と言われたのが発端ですが)折角自分たちで設計して運営するのだから、普段はできない実験的な事を試す機会とデザインしていますが、時間がかかるかかる。ようやく完成が見えてきましたが、気がつくと借りない?と言われてから1年近くになっている状態です。松濤事務所は自伐型林業推進協会と共同で使っていることもあり、ここ数年以前は縁の遠かった山と接点を持つようになっているのですが、知れば知るほど次から次へと疑問が湧いてくるのが山の現状。どうしたら山主、山林所有者、素材生産者に利益が還元し、それによって山が保全されていくか・・・建築を通じて手助けができないか?と考え2階は完成に向かっています。

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

いま考えている事 comments(0) trackbacks(0)
3/22

今朝は墨田の集合住宅の件で墨田区役所からスタート。初めて来ましたが浅草の隅田川目の前なんですね。桜もつぼみが大きくなって来たし来週には開花ですね。外国人観光客が多いからか地下鉄の警備員も英語を話すなんて!と驚きました。事務所に戻り明日の契約の最終確認。午後は色々と構造設計を依頼している構造事務所さんと打ち合わせ。構造事務所さんの会社は子育て中のママさん建築家が数人いるそうですが、子供がいるママさんは時間が限られているから生産性が高いという話題に。粘る事も大事だけど、短時間で集中させる事も大事。両立ですね。沖縄の模型はいよいよ外構を製作。色合いや風合いに関して模型制作をしている学生たちに「どうする?」と意見を求めます。僕から指示されると思いきや突然の「どうする?」は彼らにとっての想定外ですが、決断するという重要なトレーニングだから頑張って。

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

- comments(0) trackbacks(0)
3/20

本日は朝から雨だけど花粉症に悩まされる身としては救いの雨。通勤途中に「高宮眞介 建築史意匠講義供廚鯑匹燹H鷯鏘亶峪佞鯆未犬篤大に出会い高宮さんにお会いしたが、建築が好きという想いが本からも伝わってくる。80歳を目前にして今も飽くなき探究心を持ち続ける事への憧れと、まだまだ39歳は若造だと思いながら事務所へ。麻布の物件の契約準備をしつつ、一昨日の相談会のお礼状を認める。その後は小手指で進めている店舗併用住宅の検討をスタッフと共に。共感してもらった全体感と面積調整の兼ね合いを2人で議論しながら、横目で沖縄のプロジェクトの模型を他の2人が進めているの見る。なかなか特徴的な屋根の建物になっている。お昼休みを挟んでからは、多摩の基本設計をしつつ沖縄の模型の作り方を3人で議論。屋根を滑らかにしないで段々につくった事は模型の作り方が出発だったけど、最終的には光の強い沖縄では陰影が出るから正しい選択だったと納得。内部空間もかなり特徴的な空間になるので、喜んでもらえそうと安心。墨田の集合住宅の法規チェックをしつつ午前中に打ち合わせをした店舗併用住宅も納まってきそうな感じがしたので帰宅。帰りの電車で朝の読み残しを読む。あとがきに「3.11の東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故で、大きなショックと挫折感みたいなものを体験し、僕たち世代が半世紀やって来た事が完全に否定されたような挫折感があった」という言葉の中には「君たち世代は何かをしないと」というメッセージを頂いたような気がする。

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

- comments(0) trackbacks(0)
| 1/13 | >>